掲載日:2022.11.25

上伊那

【ご報告】駒ヶ根市の『花火打ち上げプロジェクト』の成果!「小さくても、心に響く花火大会2022 」の動画を公開しました!

プロジェクトのご報告◆
2021年12⽉末より⻑野県駒ヶ根市に移住しました間渕と申します。
今年の夏に公開した当プロジェクト。皆さんのご支援や地域にお住まいの方々のご協力もあり、当初の目標を達成し、無事にイベントを実施することができました。ありがとうございました!

プロジェクトを通じて駒ヶ根に関心を持っていいただいた皆さんに、取組の様子や地域の空気感をお届けしたく動画を制作しましたので、ぜひご覧ください。

この動画を通じて、少しでも私が大好きな駒ヶ根を知っていただければ幸いです。

2023年には2尺玉花火の復活を目指して、現在準備を進めています!
引き続きのご支援をよろしくお願いします。

【4K】小さくても、心に響く花火大会2022 _ vol.1 〜皆の想いを込めて、来年2尺玉が上がるように〜

【メッセージ】

長野県南部に位置する、中央アルプスと南アルプスに囲まれた駒ヶ根市。 3000m級の山々をまちから望むことができます。 まちを縦断して流れる天竜川とそこに流れ込むアルプスからの清らかな水の恵み、澄んだ空気、肥沃な大地、この豊かな自然の中に息づくまちが駒ヶ根市です。 そんな大自然に囲まれた駒ヶ根で、開催されてきた天竜かっぱ祭り。 1988年に天竜川を結ぶ天竜大橋が架け替えられたことを祝い、地域の絆を深めるために始まったお祭り。 色々な理由や課題を抱え、存続が難しく、2019年を最後に、終焉を迎えました。 そして2022年、これまでお祭りに携わってきた方々の想いや花火だけは毎年観たいという住民の皆さまの想いを胸に。 「少しでも次に繋がるキッカケ・起爆剤を作りたい。」 そんな想いで有志が立ち上がり、地元からの応援金とクラウドファンディングによる支援金を募り、2022年8月14日、花火打ち上げるまでに至りました。 無くなったモノを復活させるエネルギーは尋常では有りませんでした。 時には冷たい意見や批判も浴びました。 それでも今まで駒ヶ根の夜空に打ち上げていた花火を、どうしても今年見たい人達がいる。 家族や友達と見たい人達がいる。次に繋がるように。 これまで天竜かっぱ祭りにご尽力頂きました皆さま・地域住民の皆さまに感謝の想いを込めて。 そしてこれからここ駒ヶ根で育つ子供たちの成長を願って。 2023年に2尺玉花火復活を目指します。

◆問い合わせ窓⼝
一般社団法人 駒ヶ根魅力発信プロジェクト
(株式会社kiki 間渕)
mabuchi@kiki-nagano.co.jp

PROJECT
【ご報告】駒ヶ根市の『花火打ち上げプロジェクト』の成果!「小さくても、心に響く花火大会2022 」の動画を公開しました!

LEARN
MORE